申請をする

住宅エコポイントを貰うときには建設やリフォームで対象になっていることが必要になります。
対象になっていなければ住宅エコポイントの付与がされないため、申請をしても意味のないものになってしまいます。
住宅エコポイントが付与されるためには以下の条件を満たしている必要があります。
まずは省エネ法に沿っている住宅であり、この法に基づいて住宅設計やリフォームを行えば住宅エコポイントの対象になります。
また鉄筋の住宅ではなく木造住宅にすることも地球環境を考えた作りに繋がるので、住宅設計をする際には木造住宅にする必要があります。
住宅を見て省エネ性能が低いか高いかなどの基準を専門機関の人達が判断していきます。
それに達していれば申請対象となるので、審査を受けて初めて住宅エコポイントの申請を行なうことができるのです。
国土交通省では厳しい基準が決められているため、住宅設計をするときには事前に基準方法についてインターネットのホームページから見ておくと判断することができます。

また木造住宅やエコな住宅設計の他にも、太陽熱利用システムの設置をすることによって住宅エコポイントの付与対象となります。
ですが全ての製品が対象可能になっていないので、対象製品を把握した上で設置をする必要があります。
対象製品一覧は専門サイトから見ることができるため、それを見て対象製品の購入をすることができます。
住宅エコポイントの対象になるためには様々な基準を突破しないといけないのです。