ポイントを発行

住宅エコポイントを得るためにはエコ住宅の新築やリフォームをする必要があり、新築などの規模が大きいほど住宅エコポイントの付与が増えていきます。
そのためこれから住宅設計を考えている人は地球環境にやさしいエコの作りにすることによって、地球温暖化の進行を抑える活動ができるのです。
住宅エコポイントは工事の規模によって付与されるポイントが異なっており、何回か工事を行なうことでポイントを貯めていくことができます。
貯めたポイントは震災復興の寄付やポイント数分別の商品に換えることができるのでメリットも多いです。
エコ住宅の設計やエコリフォームをすることによって住宅エコポイントが手に入りますが、対象となる工事期間が決まっているのでそれを把握した上で工事を行なう必要があります。
もし対象期間に当てはまらなければ工事を行なったとしても住宅エコポイントが付与されることはありません。
ただ建設や工事をしただけでは付与の対象にはならないため、工事内容も事前に確認しておかないといけないのです。
例えば住宅設計なら省エネ法に基づいた家の設計やエコである木造住宅、太陽熱利用システムを利用したものなどが対象になっています。

またリフォームではバリアフリー改修や住宅設備の設置や工事などが対象になっています。
対象になっていたとしても専用の申請を行わなければ住宅エコポイントが付与されないので、ポイントを発行してもらうためにはインターネットサイトなどから方法などを確認しておくと見逃さずに済みます。